投資信託TOP > 

日本ビルファンド 地方投資を拡大

日本経済新聞によると、「不動産投資信託(REIT)の日本ビルファンド投資法人は7日、松山市三番町のオフィスビルを来年3月に取得し、運用資産に組み入れると明らかにした。取得額は33億1000万円。同法人にとり、四国で初の保有物件となる。主戦場の首都圏では利回りのよい物件が少なくなっており、松山など地方都市に投資先を広げる」そうだ。

円高のニュースも落ち着き始めた今、再び不動産投資信託が注目されつつあります。REITは少額で多くの不動産の権利の一部を持つことができるので人気があります。また複数所有しているので万が一一部の不動産が被災してもその影響を小さくすることができます。この日本ビルファンド投資法人のように投資先を関東一環だけでなく全国展開するとより安全になりますね。

すでに投資信託を始めている人もこれから投資信託を始めようとしている人もぜひ不動産投資信託(REIT)の購入を考えてみてはいかがでしょうか?

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド