投資信託TOP > 

オルタナティブ投資

オルタナティブ投資とは

オルタナティブ投資は基本的に「成功報酬型」です。つまり投資家の利益はそのままファンドマネージャーの利益になります。この関係があるから絶対収益追求型の投資信託にない得るわけです。オルタナティブ投資は投資対象が従来の株式・債券にとどまらず、ヘッジ・ファンド、ベンチャー・キャピタル、非上場株式ファンド、不動産ファンド、再生系ファンドなども投資対象とします。ですから従来よりも大きな利益を追求することができるのです。絶対的にリターンを追求するので銘柄選択は他のファンドに比べてじっくり行なわれています。ですから長期的な投資が求められます。

メリットとリスク

メリットとしては第一にオルタナティブ投資は市場動向に関わらずプラスの成果を追求することが挙げられます。さらに一般投資家では直接投資できない、つまり機関投資家ならではの投資対象もあり、投資対象が広がり分散効果が期待できます。

一方デメリットは投資対象がなじみがないものもあることや運用方法が一般的な投資信託に比べて複雑なことです。投資の回収に時間がかかる場合やよい投資先が見つかるまで数年間資金を動かさない場合もあります。 このような性質上ファンドの運用成果は1ヶ月~数ヶ月後の開示となり、また換金も決められたスケジュール内で行なわれる場合が多いです。

結局利益は出るのか

オルタナティブ投資は短期的に見ると基準価格は低く、あまりメリットもないもののように映ります。しかし数十年という長いスパンで捉えると大きなメリットがあります。たとえば日経平均を指標としたインデックスファンドが今後の日経平均に左右されるのに対し、オルタナティブ投資はそのような指標を持たず利益を追求しているため、最終的に大きな利益を上げる可能性が高いです。

オルタナティブ投資をしよう考えているならマネックス証券で取引することをおすすめします。マネックス証券はオルタナティブ投資のページが用意してあり、そのメリットとリスクなどについて取り上げております。リスク面を説明していて投資家のことをしっかりと考えている印象を受けます。ですからオルタナティブ投資をする際にはマネックス証券をおすすめします。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まだ口座開設をしていないという方はオルタナティブ投資を始めるためにもまずは口座開設からしましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド