投資信託TOP > 

アジア・ハイ・イールド債券

アジア・ハイ・イールド債券

アジア・ハイ・イールド債券は、日本以外のアジア各国、オセアニアの「ハイ・イールド債券」に実質的な投資を行うファンドです。ハイ・イールド債券とは、高利回りの債券ということです。ただ格付が低く、たとえば「スタンダード・アンド・プアーズ社」の格付けで「BB」、「ムーディーズ社」の格付けで「Ba」など、あるいはそれ以下に格付されている債券でもあり、信用力が低いというデメリットもあります。

ただ、ハイ・イールド債券には、高利回りであることに加えて、「理論価格よりも割安で購入できることが多い」というメリットもあります。そのため、複数のハイ・イールド債券をパッケージ運用し、リスクの分散を図りながら、高い利益を獲得するという運用方法もあるのです。アジア・ハイ・イールド債券は、そういった債券を投資対象とし、インカムゲインの確保や信託財産の成長を目指していくファンドです。

また、アジアやオセアニア地域の通貨は、日本円に対する相場が上昇する傾向も期待できます。アジア、オセアニア地域は経済成長が著しく、金利の高い通貨もありますので、投資家たちの注目が集まっているのです。

ただし、高利回りの債券や金利の高い通貨というのは、裏を返せば「利回りを高く設定しなければ、見向きもされない債券」「金利を高くしなければ、注目してもらえない通貨」という言い方もできるのです。先に書いた信用リスクについても気をつける必要がありますし、為替レートの暴落などの兆候に、注意を払っておくことも大事です。

アジア・ハイ・イールド債券はマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド