投資信託TOP > 

チャインドネシア株式オープン

チャインドネシア株式オープン

チャインドネシア株式オープンは、国際投信投資顧問が運用会社となっている海外株式を対象としたファンドになっています。インドネシア株式オープンとマネー・プール・ファンドⅣと合わせて、この3つのファンドはアジア・カントリー・セレクションと呼ばれています。特徴としては、それぞれでスイッチングが可能な点をあげることができるでしょう。運用状況や市場動向などを見ながら移していくことができます。いずれにしても、高い経済成長を見越して信託財産を増やしていくのが目的となります。

そして、このチャインドネシア株式オープンでは、おもに中国とインドネシア、そしてインドの3ヶ国の株式が投資対象となっています。各国の金融証券取引所に上場しているものか、上場に準ずるもの、それに加えて企業の預託証書を含む株式を扱うことになります。中国に関しては、メインとなるのは香港取引所の香港ドル建てのものになります。上海証券取引所の上場株では、米ドル建てのものが対象となることもあります。深センの取引所では香港ドル建てのものが対象となります。

また、チャインドネシア株式オープンでは、ベースとして中国、インドネシア、インドの3ヶ国に対して、それぞれ3分の1ずつになるように配分比率の調整を定期的に行っていくことになります。為替ヘッジは原則として行わないので、レートの変動が基準価額に影響を与えることも頭に入れておきましょう。さらに、投資対象国における、金融危機やデフォルト、自然災害や政変といった非常事態というカントリーリスクがあることも知っておかなければいけません。

チャインドネシア株式オープンはマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド