投資信託TOP > 

ダ・ヴィンチ

ダ・ヴィンチ

ダ・ヴィンチというのは、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントが運用する追加型株式投資信託になります。日本を含む世界各国の株式や債券、円短期金融商品といったものを組み合わせて、さらに為替ヘッジも行うという、総合的な内容になっているのが特徴です。世界分散型という手法を取り入れて、販売当初はほかに例のない珍しいアセットロケーションとなっていたことで、歴史的な総合芸術家の名前をつけたのだと言われているのです。

このダ・ヴィンチでは、基本として株式が40パーセント、債券が40パーセント、通貨などの円短期金融商品が20パーセントとなるように資産配分を行います。また、ベンチマークの指標として、MSCIワールド・インデックスの100パーセント為替円ヘッジと、JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス(グローバル)の100パーセント為替円ヘッジ、そして円1ヶ月LIBORを活用していくことになっています。これによって配分比率などのバランスを取っていくことになるのです。

そして、ダ・ヴィンチでは、購入時の手数料を、申し込み日の翌営業日の基準価額に対して3.675パーセント以下で販売会社が設定できるようになっています。ただし、換金時の手数料や信託財産留保額は発生しません。信託報酬に関しては、総資産総額に対して年率で2.1パーセントとなっています。そのほか、信託事務に関する諸経費として、監査費用や印刷費用などの合計が、総資産額の0.05パーセントを上回らないように設定されているのです。

ダ・ヴィンチはマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド