投資信託TOP > 

DIAM新興国ソブリン ブラジルレアル

投資家のリスク回避と通貨高の抑制策でレアルが急落、苦戦続く

商品

第一生命保険と、みずほフィナンシャルグループが折半出資する投資会社、DIAMアセットマネジメントが組成・販売している毎月配分型のファンドです。ファンド・オブ・ファンズ(投資信託商品に投資する投資信託)方式で、米国ドル建ての振興国のソブリン債(国債や政府機関の債券)に投資します。

具体的には、米国の債券投資顧問、ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニーが運用するソブリン債の投資ファンドに投資を行います。

投資先の新興国とは、ロシア、ブラジル、ベネズエラ、トルコ、コロンビア、メキシコ、パナマなどです。格付けは95%がトリプルBからシングルBで占められています。投資不適格な債券の比率が多く、リスクはあるものの、高い収益を目指しています。

当商品は、DIAMアセットマネジメントが組成している「DIAM新興国ソブリンオープン」と呼ばれる投資信託シリーズのなかのひとつで、米国ドルの為替リスクをブラジルの通貨、レアルでヘッジしている商品です。「DIAM新興国ソブリンオープン」は、レアル以外に、円、オーストラリアドル、南アフリカランド、中国元でそれぞれ米国ドルの為替リスクをヘッジする商品ラインアップが取りそろえられています。そして、これらラインアップ間で、スイッチできる(有料)のも特徴となっています。

手数料の上限は3.15%(税込)、信託報酬は1.6175%(同)となっています。また、解約手数料(信託財産法留額)として、基準価格の0.1%が必要です。

2009年10月に発売されてから、2010年夏ころまでは、新興国の成長期待と金利の高さから、基準価格はおおよそ1万円以上を保っていました。しかし、その後、欧州をはじめとした世界経済の先行き懸念、それに伴う資源安の影響などで、投資家のリスク回避姿勢が強まり、円高レアル安傾向になっています。これに加え、2011年夏以降は、ブラジル政府によるレアル高の抑制策が取られ、レアル安に拍車がかかりました。円高レアル安の影響で、基準価格は1万円割れとなり、2012年1月下旬時点では、8,000円前後となっています。ただ、分配金は、2011年2月からは月160円をキープしています。

メリット

振興国への債券投資により、高い利回りが期待できるうえに、米国ドルと他の通貨との為替ヘッジを行うことで、為替による差益も得られるメリットが期待できます。米国ドルへのヘッジ手段として、円をはじめ、5種類の通貨から自由に乗り換えられるのも大きなメリットといえるでしょう。

デメリット

投資対象の95%がトリプルBからシングルBと、格付けでは投資適格ぎりぎりか、投資不適格といわれる債券に投資しているというリスクがあります。さらに、為替の変動による為替差損を被る恐れもあります。円以外でヘッジした場合、例えば、ブラジルレアルでヘッジした場合、米国ドルとブラジルレアルとの為替差損にほかに解約や分配金を受け取る際にブラジルレアルと円との為替差損も被る恐れがあります。つまり、為替で2重の差損を被る恐れがあるわけです。

さらに、購入手数料をはじめ、各種の手数料も割高に設定されているほか、ヘッジする為替をスイッチする際にも手数料がかかることもネックといえるでしょう。

投資のスタンス

これも、大和住銀投信投資顧問の「エマージングボンドファンド」と同様、投資の初心者向けではありません。銀行など、販売店によっては、投資信託を1年以上、保有している人以外には販売しないという制限をかけているところもあるようです。

また、ヘッジする為替のスイッチを行う場合に手数料を取られるというのも、投資家としては、リスクといわざるを得ないでしょう。分配金は月160円と決して低くはありません。しかし、円高・レアル安の影響で基準価格が下がる傾向にあるなかで、高い分配金を続ける意味があるのか、疑問も感じます。

DIAM新興国ソブリン ブラジルレアルはマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド