投資信託TOP > 

eMAXIS その3

eMAXIS 先進国株式インデックス

eMAXIS 先進国株式インデックスは、インデックスファンドの一種で「MSCI Kokusai Index(MSCI コクサイ インデックス)(円換算ベース)」と連動する投資成果をあげることを目指し、ファンドの運用が行われています。インデックスファンドとは、ファンドがベンチマークとしている指数(eMAXIS 先進国株式インデックスの場合はMSCI Kokusai Index 円換算ベース)に採用されているのと同じ銘柄ぐんと、同様の銘柄構成を採用します。各銘柄のファンドへの組み入れ比率も、原則的には指数への影響度に比例した割合を採用することになります。インデックスファンドへ投資をすることで、分散投資を図ることができますので、資産を守る意識が強い人には、お勧めと言えるでしょう。

「MSCI Kokusai Index」とは、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル・インクが開発した指数で、日本を除く先進国23ヶ国の上場企業で構成されています。アメリカ、イギリス、フランス、ドイツなどの上場企業が採用されており、日本以外の先進国に分散投資する際には、重要な参考指標とされているのが、この指標です。

eMAXIS 先進国株式インデックスは、ファミリーファンド方式で運営され、投資家から集められた資金は「外国株式インデックスマザーファンド」に投資されます。ただ、為替ヘッジは原則として行われませんので、為替変動が起こった場合には注意をする必要があります。

eMAXIS 先進国債券インデックス

eMAXIS 先進国債券インデックスは、申込手数料が0円、解約手数料率が0円という低コストな投資信託です。ノーロードファンドのメリットは「積立投資」を行う場合に、手数料がかからないため、効率よく資金を増やしていくことができる、という点です。積立投資とは、毎月一定額ずつ投資信託を購入していくという方法です。毎月のように手数料を支払っていると、手数料の額が全体では大きな額になってしまいます。しかし、手数料がかからなければ、少額ずつ一定額を積み立てていくにも、コストがかからないのです。

eMAXIS 先進国債券インデックスは「シティグループ世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)」と連動する投資成果をめざすファンドです。インデックスファンドの一つであり、ベンチマークとする「シティグループ世界国債インデックス」は、シティグループ・グローバル・マーケッツ・インクが開発した指数で、世界の主要国の国債の総合投資収益を各市場の時価総額比率で加重平均し、指数化したものです。投資信託の根底には「少額の投資資金でも分散投資を行うことができる」というメリットがあるのですが、インデックスファンドへの投資することは、分散投資という観点からは、とても有効です。 また、eMAXIS 先進国債券インデックスは、ファミリーファンド方式で運営されており「外国債券インデックスマザーファンド」に投資をすることで、日本を除く世界主要国の公社債に実質的な投資を行うファンドです。

eMAXIS 全世界株式インデックス

eMAXIS 全世界株式インデックスは、投資家から集めたお金を主に「外国株式インデックスマザーファンド」「新興国株式インデックスマザーファンド」に投資することで、日本を除く先進国や、新興国の株式に実質的に投資を行う投資信託です。投資信託には「少額の投資資金で、様々な資産や銘柄に分散投資をすることができる」というメリットがあります。eMAXIS 全世界株式インデックスは、世界の株式に分散投資を行いたい投資家に向いているファンドと言えるでしょう。

eMAXIS 全世界株式インデックスは「MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、円換算ベース)」と連動する投資成果をめざす、インデックスファンドの一種でもあります。インデックスファンドというのは、そのファンドがベンチマークとする指数に採用されている銘柄群と全く同様の銘柄構成を採用し、各銘柄のファンドへの組み入れ比率も、原則的には指数への影響度に比例した割合を採用する投資信託のことで、分散投資という観点からは、優れたファンドでもあります。

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスは、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル・インクが開発し、提供している指数で、対象としている国は、先進国23か国、新興国25か国、フロンティア国22か国の約70か国に及びますし、各国市場の時価総額上位約85%をカバーする広範な指標でもあります。この指標をベンチマークとするeMAXIS 全世界株式インデックスに投資することは、日本にいながら、手軽に分散投資を図ることができる、優れた手段と言えるでしょう。

eMAXIS 日経225インデックス

eMAXIS 日経225インデックスは、日経平均株価(日経225)をベンチマークとするインデックスファンドです。日経平均株価とは、日本経済新聞社が算出する株式指数で、東京証券取引所の第一部に上場しているおよそ1700銘柄の中から225の銘柄が選ばれ、それらの株価をもとに計算されます。日経平均株価を「日経225」と呼ぶのは、選ばれる銘柄数に由来します。「平均株価」という言葉からは「単に株価を平均したもの」という印象を受けてしまいますが、そうではなく、ダウ平均株価の株価平均型方式を基に修正平均が算出されているのです。東証株価指数 (TOPIX) とともに、非常に重要視されている指数です。

eMAXIS 日経225インデックスは、投資家から集めたお金をマザーファンドである「日経225マザーファンド」に投資することで、実質的に日本国の株式に投資を行います。実は、株式の銘柄を指定して購入し、利益を上げていくのは、実際には難しいものです。分散投資を行おうとすると莫大な資金がかかってしまいます。インデックスファンドであるeMAXIS 日経225インデックスに投資をすると、少額の資金でも、日経225に採用されている銘柄への分散投資を図ることができるのです。

また、eMAXIS 日経225インデックスは、申込手数料がかからないノーロードファンドでもあります。毎月一定額ずつ投資をする「積立投資」は、投資のタイミングを分散するという意味合いがあり、資産を守りながら運用するために優れた方法です。ノーロードファンドならば、積立をするたびに手数料がかかることがありませんので、とても有益ですね。

eMAXISのファンドはマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド