投資信託TOP > 

FD・USハイ・イールド・ファンド

FD・USハイ・イールド・ファンド

FD・USハイ・イールド・ファンドは、米ドル建て高利回り事業債(ハイ・イールド・ボンド)を中心に分散投資を行うファンドです。ハイ・イールド債とは、投機的格付債、ジャンク債(ジャンクボンド)と呼ばれることもあり、格付は低いです。たとえば「S&P社」の格付でBB以下、「ムーディーズ社」の格付でBa以下の債券を指し、信用力が低いために、利回りは高く設定されているケースが多いのです。一般的に事業債は、事業・企業が経営破綻をしない限り、満期まで持ち続ければ「元本+利息」を受け取ることができるものです。しかし、ハイ・イールド債は投資した資金を回収できるかどうかが危ぶまれることが多いのです。

では、FD・USハイ・イールド・ファンドでは、わざわざ信用リスクの高い債券に投資するのでしょうか? 実は、格付の高い債権を購入する場合に比べて、ハイ・イールド債には「利回りが高く、理論価格よりも安く購入できる傾向がある」というメリットもあるのです。そこで、こういった銘柄に分散投資を行うことで、リスクを分散しながら高いリターンを得る、という投資方法もあるのです。FD・USハイ・イールド・ファンドは、このような考え方に基づくファンドと言えますね。

FD・USハイ・イールド・ファンドの運用は、投資家から集めた資金をマザーファンドへ投資する「ファミリーファンド方式」が採用されています。また米ドル建てのファンドですので、為替変動リスクがありますが、原則として外貨建資産の為替ヘッジは行われませんので、投資家の側で注意を払っておく必要があります。決算は毎月1回行われます。

FD・USハイ・イールド・ファンドはマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド