投資信託TOP > 

外貨MMFで比較

最近は円高が進んでいるので海外への投資が注目されています。中でも最も人気なのが外貨MMF。リスクが少なく、また円安に向かえばリターンも大きくなるからです。そんな今流行の外貨MMFの観点から証券会社を比較してみました。

マネックス証券

外貨MMFに最も力を入れているのがマネックス証券。ですので取引する際には一番メリットがあります。

そのメリットとは...

1. 人気・定番の通貨を扱っていること

2. 外貨建MMFアラートメール機能

3. 豊富なキャンペーン


です。ではそれぞれなにがメリットなのか見ていきましょう。

人気・定番の通貨を扱っていること

今外貨MMFの中でも一番人気の通貨は豪ドルです。現在オーストラリアの金利は主要各国の中で一番高くなっています。ですから、債券を中心に運用する外貨MMFではより多くのリターンを期待できます。そのため豪ドルが人気を集めています。

また定番である米ドル・ユーロも取扱っています。この2つの通貨はこれから外貨投資を始めようとしている人にも比較的身近な通貨であるので多くの人が取引をしています。そして今では定番の通貨となっています。

ですから3通貨しか扱っていないといってもあまり気にする必要はありません。むしろこの3通貨があるので十分に外貨投資ができます。

外貨建MMFアラートメール機能

この外貨建MMFアラートメール機能はマネックス証券だけのサービスです。外貨建MMFアラートメールとは気になるその日のご購入・ご売却為替レートを1日1回、セッション開始時にメールで知らせてくれる機能です。日々の為替レートが簡単に知ることができるので機会を逃さず取引することができます

豊富なキャンペーン

マネックス証券はキャンペーンがたくさんあることで有名です。その中でも注目したいのが今回のキャンペーンです!今なら、新規に口座開設した人限定で、外貨建てMMFの買付時為替手数料を全額キャッシュバックというキャンペーンを行っています。全通貨の申込手数料・解約手数料が無料のほかキャンペーン中の買付時為替手数料が無料になります。

SBI証券

SBI証券は主要ネット証券で最多の6通貨9銘柄を取扱っています。通貨は米ドル・ユーロ・豪ドル・カナダドル・NZドル・南アフリカランドの6通貨です。ただSBI証券の特徴は米ドルで3種類、ユーロで2種類あるので、より自分にメリットのある方を選択できるということにあります。取扱っている外貨がバラエティーに富んでいるのでとにかく色々な通貨で外貨MMFをしたいという方にはオススメです。

SBI証券

楽天証券

楽天証券はネット証券最低水準のスプレッドです。スプレッドとは円貨を外貨にしたり、外貨を円貨にする際にかかる手数料のことです。このスプレッドが最低水準ということはコストを低くすることができるということです。また取扱っている外貨も米ドル・ユーロ・豪ドル・カナダドル・NZドル・南アフリカランドとあるので種類で困ることはないと思われます。とにかくコストを重視したいという方にはオススメです。

楽天証券

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド