投資信託TOP > 

GW7つの卵

GW7つの卵

GW7つの卵とは、世界各国から7つの資産を選び、国際分散投資を行うファンドです。7つの資産とは、北米株式、欧州先進国株式、アジア太平洋先進国株式、海外債券、日本大型株式、日本小型株式、日本債券です。これらの、種類の違う7つの資産が、それぞれの分野の運用に長けている専門家たちの手で運用され、利益を上げていくことを目指すのがこのファンドです。

また、GW7つの卵の運用はファミリーファンド方式で行われています。投資家から集められたお金は、各分野のマザーファンドに投資されて運用されていきます。

GW7つの卵には「日本大型株式」「日本小型株式」などの分類がありますが、これは、資産の分散効果を高めるためです。資産配分に関しては、長期投資を行い、信託財産を成長させていくという観点から効率的な資産配分を構築し、中期的な市況見通しについても加味した上で、資産配分を決定するとされています。

分散投資を行う理由として、投資の世界の格言である「卵は一つのカゴに盛るな」という格言があります。卵を一つのカゴに持っていた場合、カゴを一度落としてしまうと、全ての卵が失われてしまいます。しかし、いくつかのカゴに卵をわけて持っておくことで、1度の落下での損失が限定されることになります。世界各国から選ばれた7つの資産に「分散投資」を行うことが、資産を一気に失ってしまうリスクを低減する方法なのです。GW7つの卵は分散投資を考える人に、うってつけの投資信託と言えるでしょう。

GW7つの卵

GW7つの卵とは、世界各国から7つの資産を選び、国際分散投資を行うファンドです。7つの資産とは、北米株式、欧州先進国株式、アジア太平洋先進国株式、海外債券、日本大型株式、日本小型株式、日本債券です。これらの、種類の違う7つの資産が、それぞれの分野の運用に長けている専門家たちの手で運用され、利益を上げていくことを目指すのがこのファンドです。

また、GW7つの卵の運用はファミリーファンド方式で行われています。投資家から集められたお金は、各分野のマザーファンドに投資されて運用されていきます。

GW7つの卵には「日本大型株式」「日本小型株式」などの分類がありますが、これは、資産の分散効果を高めるためです。資産配分に関しては、長期投資を行い、信託財産を成長させていくという観点から効率的な資産配分を構築し、中期的な市況見通しについても加味した上で、資産配分を決定するとされています。

分散投資を行う理由として、投資の世界の格言である「卵は一つのカゴに盛るな」という格言があります。卵を一つのカゴに持っていた場合、カゴを一度落としてしまうと、全ての卵が失われてしまいます。しかし、いくつかのカゴに卵をわけて持っておくことで、1度の落下での損失が限定されることになります。世界各国から選ばれた7つの資産に「分散投資」を行うことが、資産を一気に失ってしまうリスクを低減する方法なのです。GW7つの卵は分散投資を考える人に、うってつけの投資信託と言えるでしょう。

GW7つの卵

GW7つの卵とは、世界各国から7つの資産を選び、国際分散投資を行うファンドです。7つの資産とは、北米株式、欧州先進国株式、アジア太平洋先進国株式、海外債券、日本大型株式、日本小型株式、日本債券です。これらの、種類の違う7つの資産が、それぞれの分野の運用に長けている専門家たちの手で運用され、利益を上げていくことを目指すのがこのファンドです。

また、GW7つの卵の運用はファミリーファンド方式で行われています。投資家から集められたお金は、各分野のマザーファンドに投資されて運用されていきます。

GW7つの卵には「日本大型株式」「日本小型株式」などの分類がありますが、これは、資産の分散効果を高めるためです。資産配分に関しては、長期投資を行い、信託財産を成長させていくという観点から効率的な資産配分を構築し、中期的な市況見通しについても加味した上で、資産配分を決定するとされています。

分散投資を行う理由として、投資の世界の格言である「卵は一つのカゴに盛るな」という格言があります。卵を一つのカゴに持っていた場合、カゴを一度落としてしまうと、全ての卵が失われてしまいます。しかし、いくつかのカゴに卵をわけて持っておくことで、1度の落下での損失が限定されることになります。世界各国から選ばれた7つの資産に「分散投資」を行うことが、資産を一気に失ってしまうリスクを低減する方法なのです。GW7つの卵は分散投資を考える人に、うってつけの投資信託と言えるでしょう。

GW7つの卵のファンドはマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド