投資信託TOP > 

為替ヘッジのメリット・デメリット

為替ヘッジとメリット

為替リスクを減らして安心して外国商品を取引できるようにする為替ヘッジ。その仕組みと効果について説明します。

例えば手元に10000円あるとします。1ドル=100円の時、100ドルで100株の外国株を買いました。
株価が1.1ドルにあがったら、1.1ドル×100株=110ドルで1100ドル×100円=11000円となり1000円の利益となるはずです。
しかしこの時に為替が変動していて1ドル80円になっていたら110ドル×80円=8800円で1200円の損です。株価が上がったにもかかわらず損をしてしまいました。

このような状況に陥るのを避けるために為替ヘッジをかけます。
為替ヘッジとは購入時にあらかじめ売却価格を決めておくことです。つまり上記の例で言うと1ドル(100円)で購入したものを100円で売ると設定できます。
そうすると為替に左右されずに安心して投資することができます。為替ヘッジを行えばたとえ円高になっても損をしないというメリットがあります

為替変動の例

「為替ヘッジ」で為替変動を気にせず運用したいですね。
為替ヘッジ取引ができるお勧めの証券会社は「マネックス証券」です。
口座開設や維持費用は無料ですので、まずは無料で口座開設して為替ヘッジ型ファンドを見てみると良いでしょう。

為替ヘッジのデメリット

一方為替ヘッジにもデメリットがあります。それがヘッジコストと円安になった時です。ヘッジコストとは為替ヘッジをする時にかかるコストです。このコストは両通貨の金利差などによって変動します。為替ヘッジをするとこのコスト分余分に利益をあげなければいけません

また円安の時も為替ヘッジはデメリットとなってしまいます。先ほどの例と同様に株価が上昇していて、さらに円安であった場合にはより大きな利益を出すことができます。しかし為替ヘッジをしていた場合には円安の分の利益はもらえません

以上を踏まえて、今後円高に向かうと考えられる金融商品には為替ヘッジをかけるとよく、反対に円安に向かう場合には為替ヘッジをかけない方がいいと言えます。 そして今現在は円高が進んでいて、長期的にみるとこれからは円安に向かっていくと考えられるので、為替ヘッジなしで外貨の金融商品を買ったほうがいいです。詳しくは外貨MMFの魅力のページを参考にしてください。

外貨MMFのまとめコンテンツ

外貨MMFとは? 外貨商品って怖い? 為替ヘッジ 外貨MMFの魅力

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド