投資信託TOP > 

インデックスファンド

インデックスファンド TSP

インデックスファンド TSPは、TOPIX(東証株価指数)の動きに連動する投資成果をめざすファンドです。主に「インデックス マザーファンド TOPIX」への投資を通して、東京証券取引所第一部に上場されている株式に投資を行ない、TOPIX(東証株価指数)の動きに連動する投資成果を上げることを目指していくファンドです。

TOPIX(東証株価指数)とは、東証第一部上場全銘柄の時価総額が、基準日の時価総額に対して、どのくらい増減しているかを表す指標です。東京証券取引所第一部の市場全体の動向を反映する指数です。またTOPIXと同様に、株式市場の動向を表す指数として「日経平均株価」があり、日本の株式に投資する投資信託の中でも、TOPIXに連動するタイプ、日経平均株価に連動するタイプなどがあります。

インデックスファンド TSPはベンチマークであるTOPIX(東証株価指数)の動きに連動する成果をあげることを目指す「インデックス運用」が行われています。一方で、ベンチマークとする指数を上回る投資成果を目指していくのが「アクティブ運用」という考え方です。インデックス運用、アクティブ運用のどちらにも、メリット、デメリットがありますので、投資家の投資方針などを考えた上で、どのようなファンドを選ぶか考えるようにしましょう。

インデックスファンド TSPは、株式の実質組入比率は高位を保つことが基本ですので、このファンドの基準価額が、大きく変動することがあることにも、注意をしておきましょう。

インデックスファンド225

インデックスファンド225は、日本の株式に投資をするファンドで、日経平均株価(225種・東証)の動きに連動する投資成果を上げることを目指すファンドです。ポートフォリオの構築にあたっては「バーラ日本株式モデル」を活用して、東京証券取引所第一部上場全銘柄の中から、原則として200銘柄以上に投資することになっています。「バーラ日本株式モデル」とは、市場の動きや株価指標、ポートフォリオ固有の特性などからリスク・リターンの分析や管理、ポートフォリオ構築を行なうツールのことです。

日本の株式市場全体の動きをとらえて運用されるファンドですので、中長期にわたって保有することで、日本経済の成長による利益を享受することが期待できるとされています。インデックスファンド225のように、ベンチマークとする指数の動きに連動する成果をあげることを目指すファンドもありますが、ベンチマークとする指数を上回る投資成果を目指していく「アクティブ運用」が行われるファンドもあります。インデックス運用、アクティブ運用のどちらがいい、悪いということではなく、それぞれに特性がありますので、ご自身の投資スタイルに合うファンドを見つけるようにしましょう。

インデックスファンド225は、株式の実質組入比率は高位を維持することとなっていますので、基準価額は大きく変動する可能性について、知っておくようにしましょう。「基準価格が下がったら必ずしも手放さなければならない」という意味ではありません。変動があることを知った上で、その場合にどう対処するかを考えておくことが、大切なのです。

インデックスミリオン

インデックスミリオンは、みずほ投信投資顧問が運用している追加型の商品です。国内の株式について、日経平均株価と連動するようになっているのが特徴だと言えます。上場株のなかで200~250銘柄に対して等株数投資を行っています。株式の組み入れ比率が高いのも特徴の1つだと言えるでしょう。同じような商品は、ほかの運用会社でも扱っているので、それぞれの純資産や基準価格を比較してみるのもいいでしょう。分類としては、国内株式ミリオン型(追加型)となっています。

このインデックスミリオンの投資リスクに関しては、組み入れた株式の下落などによって、元本割れをすることもある点があげられます。日経平均株価と連動しているファンドなので、単独の銘柄を購入するよりもわかりやすいという利点はありますが、それでも株価の下落によって損失を出す可能性もあるのです。その要因としては、投資先の企業の業績悪化や倒産といったことから、分散投資をしていることで基準価額に影響が出ることになるからなのです。

そして、インデックスミリオンに設けられた投資制限としては、マザーファンド受益証券に対しての割合には制限はありませんが、外資建て資産に対しては投資が行えないようになっている点については注意をしましょう。また、非株式に対しての投資割合は、信託財産総額の50パーセント以下となっています。購入時の手数料が発生しないノーロード型となっており、換金時にも手数料は発生しません。信託報酬は年1.6275パーセントとなっています。

インデックスファンドはマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド