投資信託TOP > 

Jオープン(店頭・小型株)

Jオープン(店頭・小型株)

Jオープン(店頭・小型株)は「小型株」と呼ばれる株式を、主な投資対象とする投資信託です。日本の金融商品取引所に上場されている株式が投資対象となります。小型株とは、時価総額と流動性が低い株式のことをいいます。東京証券取引所では、TOPIX(東証株価指数)を構成する銘柄の中で、大型株と中型株に含まれない全銘柄のことを「小型株」と呼びます。

小型株へ投資するメリットとして、新興企業の株式も含まれるために、将来は高い成長性が期待できるということが、一つあります。しかしながら「思ったような成長をしない」という場合もありますので、大型株や中型株に投資する場合に比べて、ハイリスク・ハイリターンの投資になります。リスクを少しでも押さえるために、Jオープン(店頭・小型株)で投資銘柄を選定するにあたっては、中堅企業の中でも、独自のサービス技術などをもち、なおかつ成長が期待される銘柄を選定の上で、投資が行われることになっています。

小型株、中型株、大型株という区分は、株式を時価総額と流動性を基準に行われるものです。投資にあたって、もっともローリスクローリターンなのは大型株への投資です。中型株のほうがリスク・リターンともに大きく、小型株への投資は最もハイリスク・ハイリターンとなると考えられています。ただ、ハイリスク・ハイリターンの銘柄へ投資を行う場合、分散投資によってリスク分散をはかりながら、高いリターンを期待するという考え方もあります。Jオープン(店頭・小型株)ならば、分散投資をしながら、成長が期待される銘柄へ投資することができるのです。

Jオープン(店頭・小型株)はマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド