投資信託TOP > 

JFシリーズ

JFアジア株・アクティブ・オープン

JFアジア株・アクティブ・オープンは、日本を除くアジアの株式の中で、成長性があり、かつ割安と判断される銘柄に分散投資を行うファンドです。投資対象となるのは、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピンの株式で、分散投資を行いながら、信託財産の長期的な成長をめざした積極的な運用が行われます。ベンチマークとしているのは、MSCIオール・カントリー・ファーイースト・インデックス(除く日本、配当なし、円ベース)であり、これらの構成国ではないベトナムやインドへの投資は、行われていません。

成長性がある株式とは、その企業の売上高などが伸びており、その伸びに合わせて株価も伸びているという状況のものです。また、割安な株式とは、その銘柄の適正価格よりも低い時価で取引されている株式のことで、適正な時価まで値上がりすることが期待できるものです。「成長性があり、かつ割安」な銘柄をうまく見つけ、投資することができれば、当然ながら値上がり益を得ることができます。ただ、こういった銘柄を見つけるのは、素人の力では限界がありますので、ファンドマネージャーなどのプロフェッショナルが投資判断を行ってくれるJFアジア株・アクティブ・オープンを利用すると便利です。

またJFアジア株・アクティブ・オープンでは、ボトムアップ・アプローチによる銘柄選択が行われています。ボトムアップ・アプローチとは、銘柄の個別調査を行いながら、投資決定を行う手法のことです。

JFアセアン成長株オープン

JFアセアン成長株オープンは、ASEAN加盟国のうち、シンガポール、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイおよびベトナムの6カ国を投資対象国とし、ASEAN加盟国のいずれかで上場または取引されている株式や、マザーファンドの運用の委託先が、ASEAN加盟国から売上または利益の大半を得ている、もしくはASEAN加盟国に資産の大半を保有していると判断する企業が発行する株式などを投資対象とし、今後の経済成長・株価の成長を期待して、投資を行います。

ASEANは、日本語では「東南アジア諸国連合」と訳され、加盟各国の経済成長、社会・文化的発展の促進などを目指して、東南アジアの10カ国で形成されています。ASEAN加盟国は経済の成長性が高いことから、投資家たちの注目を集めています。またシンガポールのように、先進国とほぼ同様の経済水準に到達している国や、インドネシア、ベトナムなど、現在は発展途上ながらも、今後の経済成長が大いに期待できる国など、様々な経済成長段階にある国が加盟しています。

少し気になるのが、天災(津波や地震など)が起こった場合の株価への影響です。しかしながら、今までに天災が起こった場合の、市場への影響は限定的であるケースが多かったです。日本にいると、天災などが起こった場合に、対処することが難しいのですが、JFアセアン成長株オープンは、プロのアセットマネージャーなどが運用をしてくれる仕組みですので、安心感が強いですね。

JFザ・ジャパン

JFザ・ジャパンは、日本の株式を主要投資対象とします。特に、株価上昇が期待できる銘柄への投資を行い、信託財産の中長期的な成長を図ることを目的として、積極的な運用を行います。一般に、ある銘柄の成長性をチェックするために、売上高や利益の伸び率を調べることが行われます。JFザ・ジャパンは、利益成長性が高く、また株主を重視した経営を行っている銘柄、さらにはこういった状況を市場が株価に織り込んでいない銘柄を選びだし、投資を行います。JFザ・ジャパンは、トップクラスの株価上昇が期待できる企業のことを「金メダル企業」と呼び、企業取材によって金メダル企業を積極的に発掘し、投資をするという方針を採っています。

銘柄の選定にあたっては、企業取材に基づくボトムアップ・アプローチ方式が用いられます。ボトムアップ・アプローチとは、個別企業の調査・分析から銘柄の選定を行う運用手法のことです。逆に経済等の予測・分析によって銘柄を選定する方法は、トップダウン・アプローチと呼ばれます。

JFザ・ジャパンがベンチマークとするのは「TOPIX(配当込み)」であり、中長期的にベンチマークを上回る投資成果の実現を目指すとされています。TOPIX(東証株価指数)とは、東証株価指数(TOPIX)とは、東京証券取引所に上場している全銘柄の時価総額が、基準日(1968年1月4日)の時価総額に対して、どのくらい増減したかを表す指標です。

JF日本株・アクティブ・オープン

JF日本株・アクティブ・オープンは、日本の株式市場に上場されている銘柄の中から、成長性があり、かつ株価が割安と判断される銘柄を中心に選定し、アクティブ運用を行うファンドです。

企業に「成長性がある」かどうかの判断には、売上高伸び率に注目したり、粗利益伸び率に注目したりする方法など、いくつかの方法があります。売上高伸び率に注目する場合は、その数値の大きさにも注目することが大事で、安定して成長している企業ならば、伸び率も毎年同じくらいになりますし、急成長を遂げる企業は、この数値も大きくなっている傾向があります。また、割安な株式とは、企業の財務諸表から計算される、株価の適正価格よりも、市場で取引されている時価が低い株式のことで、適正な時価まで値上がりすることが期待できます。JF日本株・アクティブ・オープンは「成長性があり、かつ株価が割安」な銘柄を選び出して投資を行います。

銘柄の選定にあたっては、ボトムアップ・アプローチ方式で選定をします。ボトムアップ・アプローチとは、個別企業の調査・分析から銘柄の選定を行う運用手法のことで、JF日本株・アクティブ・オープンの運営チームが企業取材を行って、情報を収集します。

またJF日本株・アクティブ・オープンのベンチマークはTOPIX(配当込み)とされています。TOPIX(東証株価指数)とは、東証株価指数(TOPIX)とは、東京証券取引所に上場している全銘柄の時価総額が、基準日(1968年1月4日)の時価総額に対して、どのくらい増減したかを表す指標です。JF日本株・アクティブ・オープンは、TOPIXを上回る成果を目指していくファンドです。

JFのファンドはマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド