投資信託TOP > 

日本株ロボット運用投信(カブロボファンド)

日本株ロボット運用投信(カブロボファンド)

日本株ロボット運用投信というのは、T&Dアセットマネジメントが運用している追加型の投資信託で、カブロボファンドという愛称が付いています。このファンドの最大の特徴であるカブロボというのは、株式の売買注文を自動で行ってくれるプログラムのことです。あらかじめマーケットデータを入力しておくと、組み込まれたプログラムによってポートフォリオの構築や個別銘柄の設定が行われるようになっているのです。東証1部500銘柄などのデータを取り込んでいます。

そして、日本株ロボット運用投信(カブロボファンド)では、複数のカブロボによって機動的な運用を行っていき、信託財産の中長期的な成長を図っていくことになるのです。採用しているカブロボについては、コンテストで優秀評価を受けたものから選定されています。投資環境の変化に対応するために、動かすカブロボを変更したり、各ロボットへの配分比率を変えていき、その状況での最適化を図っていくこともこのファンドの特色の1つだと言えるでしょう。

また、日本株ロボット運用投信(カブロボファンド)では、購入時手数料として、購入価額に対して3.15パーセントの上限が設定されています。この範囲内で、各販売会社が独自に決めていくことになります。信託財産留保額については、申し込み受付日の基準価額に対して0.3パーセントとなっています。信託報酬に関しては、純資産総額に対して年率で1.47パーセントとなっています。監査費用は純資産総額に対して年率で0.00525パーセント、それ以外にも諸経費がかかります。

日本株ロボット運用投信(カブロボファンド)はマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド