投資信託TOP > 

好配当ジャパン・オープン(株式時代)

好配当ジャパン・オープン(株式時代)

好配当ジャパン・オープンというのは、損保ジャパン日本興亜アセットマネジメントが運用している追加型の投資信託です。株式時代の愛称でも知られており、「R&Iファンド大賞2010」を受賞したほか、確定拠出年金の国内株式部門でも優秀ファンド賞を2009年、2010年と受賞している人気の高い商品になっています。日本国内の株式を投資対象としており、中長期的な保有によって着実に資産を成長させていくことを目指している内容となっています。

この好配当ジャパン・オープン(株式時代)では、特徴として、全上場銘柄のなかから配当利回りが市場平均以上のものを選んでいくことがあげられます。さらにそのなかでも相対的に値段が安いものを中心にポートフォリオを構築していくので、信託財産の高い成長が期待できるというわけです。おもに日経平均株価指数を構成する300の銘柄から厳選していくことになりますが、そこでは時価総額や売買流動性、信用リスク、事業内容や産業の成長性などから判断していくことになるのです。

また、好配当ジャパン・オープン(株式時代)では、年4回の決算時に株式の配当収入や売買益から分配金が支払われることになります。購入時手数料としては、3.15パーセントを上限として各販売会社が設定していきます。信託財産留保額は基準価額に対して0.3パーセントとなっています。信託報酬は、純資産総額に対して年率で1.155パーセントとなります。それ以外にも、監査報酬が純資産総額に対して0.00315パーセントとなっており、売買手数料ほかの信託事務に関する諸経費もかかります。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド