投資信託TOP > 

高金利通貨ファンド

高金利通貨ファンド

高金利通貨ファンドというのは、新光投信が運用している投資信託になります。その特徴は、新興国をメインとして、金利の高い通貨建て債券に対して分散投資ができる点になります。マザーファンド方式をとっており、地域分散と複数の通貨建て債券によって運用をしていくことでリスクを抑えていくことができるようになっているのです。北米・中南米、欧州、アジア・オセアニア、中東・アフリカの4つの地域に対して25パーセントずつ通貨を配分します。

この高金利通貨ファンドでは、各地域内での通貨配分については、流動性や金利水準、レートなどを見ながら判断していくことになります。そして、債券については、国際機関債や政府機関債のなかでも信用度の高いものをメインに扱っていくことになります。基本的にはAAかAa2以上の格付けのものだけを組み入れていくことになります。そのなかでも1年から3年を組み入れ期間として、金利変動リスクを抑える工夫もしていくことになっているのです。

日本に比べて高い利回りが期待できる通貨も多いことから、原則として為替ヘッジは行われません。おもな投資通貨としては、北米・中南米地域では、メキシコのペソ、ブラジルのレアルがあります。アジア・オセアニアでは、インドネシアのルピア、オーストラリアドル、ニュージーランドドルとなっており、中東アフリカ地域では、トルコリラ、南アフリカのランド、欧州地域ではポーランドのズロチ、ハンガリーのフォリント、ロシアのルーブルなどがあります。

高金利通貨ファンドはマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド