投資信託TOP > 

個人向け国債とは

個人向け国債というのは、投資家を個人に限定して発行されている国の債券です。その特徴は、購入者のリスクを抑えた仕組みになっていることで、一般の債券ではできない中途解約が可能になっているのです。また、1万円という小口から購入することもできるのです。定期預金のように満期になるまで手をつけられないということはありません。初心者にもわかりやすいリスクの少ない投資先となっているので、気になる人はチェックしてみましょう。

国債の種類については、3年が満期のものと5年が満期のものが固定金利になっています。半年ごとに利息を受け取ることができ、いつでも解約が可能なものになっています。それに対して10年が満期のものは変動金利になっています。半年ごとに変動することになっており、1年以上は保有しなければいけません。1年経過すればいつでも解約できるようになります。いずれの場合でも株式投資などを行うよりも安全だと考えられているのです。

また、個人向け国債には、中途換金の場合、前2回分の利息を返還しなければいけないというデメリットもあります。額面通りに買い取ってはくれますが、この差し引き分を考えると、少し損をしたと感じる人もいるかもしれません。購入を検討している人は、メリット、デメリットについて頭に入れておくようにしましょう。そして、実際に購入する際には、証券会社ごとの特典なども比較してみるのもいいでしょう。ギフトカードなどがもらえることもあるのです。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド