投資信託TOP > 

松井証券の歴史と特徴

松井証券の歴史は、1981年に松井房吉商店として創業したところから始まります。1947年に松井證券株式会社となり、2000年に商号の漢字を変えて現在の松井証券株式会社となります。野村や大和といった大手に次ぐ、中堅どころの証券会社として地位を築いてきました。1995年には、いち早くオンライントレードに参入することで、2001年にネット証券としては最初に東証1部上場を果たすのです。1日定額制手数料などの仕組みを取り入れたという功績もあります。

その強みは、やはりインターネット証券のパイオニアとして、様々なサービスを開発してきたことにあるでしょう。前出の1日定額制は、ボックスレートと呼ばれており、1日の約定金額の合計によって算出されるものになります。合計が10万円以下の場合は手数料が無料になる、ミニボックスレートという料金体系もあります。現在では、30万円までは315円、50万円までは525円という定額制も導入されており、利用者の負担が少なくなるような工夫がなされているのです。

あるいは、預株制度というものもあります。利用者の株券を日本証券金融に貸し出すことで、その対価となる預株料を受け取れるものです。いまでは一般的になっている、同一約定日・同一受渡日に異なる株式銘柄に連続して乗り換えをするループトレードも松井証券が始めたものです。ほかにも他社とは違う独自の試みが多いという特徴を持っており、質の高い投資情報を提供してくれることでも評価が高いのです。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド