投資信託TOP > 

外貨MMFとは?

外貨MMFってどんなもの?

外貨MMFとは国内で取引できる外貨商品の一つで、ドルやユーロなどの外貨で運用する投資信託です。

外貨MMFは投資された元本を維持して利益分配を継続することを目的としています。

そのため投資対象は安全性の高い優良企業の社債や国債がメインとなっています。安全性の高い優良企業がメインなので過去の運用実績はたいへん良く、外貨基準で元本割れしたことはしたことがありません(外貨で利益を出していても円に換算すると損をすることもある。このことを為替リスクという)。

その運用実績を買われて投資専門機関により「極めて安全性に優れている」という最高の格付けをされています。

他の外貨商品とは何が違うの?

外貨商品で最も有名なのが外貨預金です。一度は聞いたことがあるという方も多いのではないのでしょうか?そこで外貨預金と外貨MMFの違いについてみてみましょう。

外貨MMFは外貨預金に比べ手数料が安くなっています。また金利が高く上に少ない額から投資できます。そして外貨預金と大きく異なることはいつでも売買できることです。外貨預金が一定期間預けなければいけないのに対し、外貨MMFは土日以外はいつでも解約することが可能です。つまりいつ売るかなど自分の意思を反映できます。その他にも税金の面でも有利です。さらに外貨預金は預金保証対象外なので預け入れ先が倒産すれば資産を失ってしまいますが、外貨MMFは資産を分別管理しているので保証の対象となります。このように外貨MMFは外貨商品の中でも非常に魅力的な商品なのです

外貨MMFの注意点

外貨MMFは安全性の高いものに投資するため、短期間で利益を出すものではなく長期間保有することによって利益をあげるものです。ですから外貨MMFの解約が土日以外可能と言っても実際には2,3日で売却するなどということもありません。外貨MMFはあくまで長期投資が前提であるため、短期間で利益をあげようと考えている人には向きません。反対に長期投資を前提にしている人にとって外貨MMFは申し分ない投資であるといえます。

外貨MMFのまとめコンテンツ

外貨MMFとは? 外貨商品って怖い? 為替ヘッジ 外貨MMFの魅力

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド