投資信託TOP > 

野村証券の歴史と特徴

野村証券は国内有数の証券会社として知られています。その歴史は1918年に設立された大阪野村銀行から始まります。その後、証券部門が独立したことで現在の会社となったのです。投資信託事業については、1941年に日本で初めて認可されました。そして、1949年に東京証券取引所の会員となったのです。ちなみに大阪野村銀行は、大和銀行となったのちに、あさひ銀行と合併をすることで、いまもりそな銀行として続いています。

現在は、持ち株会社の野村ホールディングスと機能を分けており、そのほかにも1965年に調査部門が独立してできた野村総合研究所や、野村資本市場研究所などが存在しています。また、野村総研に関しては、その一部を再編して金融経済研究所を設立しています。このような独自の機関を持つことで、金融コングロマリットという国の方針とは距離を持つ経営を行っているのです。国内では実績No1の総合証券会社とも言われています。

また、豊富な資産運用方法を提案できる強みがあるということも特徴の1つとしてあげることができるでしょう。個人を対象にしたものでも、株式投資から投資信託、FXといった商品が揃っていますし、元本保証の定期預金なども野村信託銀行で用意しています。ネット取引ならば安い手数料で簡単に行うことができます。そして何よりもメリットとして考えられるのが、独自の分析によるレポートやマーケット情報をもとにコンサルティングをしてもらえることです。初心者向けのセミナーなども無料で開催しています。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド