投資信託TOP > 

野村グローバル・ロング・ショート

野村グローバル・ロング・ショート

野村グローバル・ロング・ショートというのは、野村アセットマネジメントが運用している追加型の投資信託になります。このファンドの特徴としては、国内外の短期有価証券による安定した収益確保と、主要国の株価指数先物取引や為替予約取引などを通じて日本円の短期金利水準を上回る利益収入を目指すことがあげられます。主な投資対象は「グローバル・アセット・モデル・ファンド マザーファンド」となっており、これを通じて分散投資をしていくことになります。

この野村グローバル・ロング・ショートでは、各投資対象のファンダメンタルズをもとに均衡水準を算出してから、投資に対する魅力度を検討していくことになります。そこから、ロングポジションとショートポジションを構築していくことになるのです。その際には、各投資対象の魅力度のほか、投資ユニバースにおける均衡水準などを検討しながら、割安なものを買い建てて、割高なものを売り建てることでポジションを決めていくことになります。

そして、野村グローバル・ロング・ショートでは、購入時の手数料として3.15パーセントの上限が設定されています。この範囲内で各販売会社が決めていくことになります。換金時における手数料は発生しませんが、信託財産留保額として1万口につき基準価額の0.1パーセントがかかることになっています。信託報酬は、純資産総額に対して年率で1.6275パーセントとなっています。そのほかにも監査費用などの諸経費がかかります。

野村グローバル・ロング・ショートはマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド