投資信託TOP > 

基準価格と分配金の関係

基準価格と分配金には大きな関係があります。この2つの関係について説明していきたいと思います。投信を購入する時に分配金の有無について選択できます。分配金ありのコースを選んだとき、その後基準価格が下がってしまったら分配金はどうなってしまうのでしょうか。分配金も比例して小さくなるのでしょうか。分配金自体がなくなってしまうのでしょうか。このような疑問を持っている人が数多くいます。ですからこの機会に基準価格と分配金の関係について正しく理解しましょう。

基準価値が下がったら分配金はもらえないの?

分配金は基準価格に関わらずファンド購入時に契約した分だけ支払われます。契約時に分配金なしの契約であれば分配金を支払われることはありません。もし基準価格が下がった場合には分配金の支払いはなしという契約であれば基準価格が下がっていたら支払われません。反対に、毎月定額の分配金が支払われるという契約をしていたら毎月定額の分配金が支払われます。このように基本的に契約した通りに分配金は支払われます。ですから購入前にどういう契約になっているのかしっかりと確認する必要があります。

分配金をもらうことで基準価格を下げる

分配型投資信託の基準価格を見ているとある時大きく値を下げる時があります。これは決済になり分配金が支払われた時に起こります。分配金というのは株式投資の配当や銀行預金の利息と違って資産の一部を崩して支払われるものです。ですから、分配金を支払っただけ基準価格が下がってしまいます。基準価格が下がってしまうのに分配金を支払うことに大きなメリットはあまりありません。先述した通り運用によって上がった収益のうちどの程度を分配金の支払いにあてるかは投資信託ごとに違います。いずれにせよ、分配金は資産から支払われていることに変わりありません。支払われた分配金に税金がかかり、さらに分配金として支払われた分は再び投資するまで利益を生み出しません。ですから分配金は受け取らずにいた方が資産は効率よく増えます

分配金とは? 基準価格と分配金の関係 分配金からみる投資信託 ファンドごとのイメージを掴む

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド