投資信託TOP > 

ピクテシリーズ その1

ピクテ・G・インカム株式F

ピクテ・G・インカム株式Fは、ピクテ投信投資顧問が運用している追加型のファンドになります。毎月分配型と1年決算型があります。そのなかでも毎月分配型の円コースは、グロイン・マインドの愛称で知られています。特色については、世界各地の公益株のなかでも高利回りのものを選んで投資を行っていくことがあげられます。特定の銘柄や国などにこだわったり、いくつかのものに集中させるのではなく、バランスを考えながら分散投資を行っていくことも特徴としてあげることができるでしょう。

また、ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドの円コースでは、「グローバル・ユーティリティーズ・カレンシー・ヘッジド・ファンド」を主要な投資先としており、外貨建て資産に関しては為替ヘッジを行ってレートの変動リスクを低減していくことになります。高利回りの公益株をメインとしていますが、水道や電気、ガス、電話、通信、運輸、石油、廃棄物処理などの企業のもののなかから、配当利回りが良いものを選んでいくことになると理解していいでしょう。

そして、ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドでは、購入時の手数料として、上限が3.675パーセントに設定されています。この範囲内で、各販売会社が決めていくことができるのです。信託財産留保額はありません。信託報酬に関しては、純資産総額に対して年率で1.155パーセントとなっています。毎計算期末か信託終了時に信託財産のなかから支払われることになります。それ以外にも、監査報酬を含む諸経費として、純資産総額の0.0525パーセント以内の額がかかることになります。

ピクテ・インカム・コレクションF(インカム・コレクション)

ピクテ・インカム・コレクションF(インカム・コレクション)は、ピクテ投信投資顧問が運用する追加型のファンドです。特色としては、先進国と新興国に分散投資ができる点をあげることができるでしょう。特定の銘柄や国、通貨といったものにこだわるのではなく、高配当利回りのものに対して分散投資を行っていけるようにしています。毎月決算を行うので、年に12回、収益の分配金を受け取ることができるようになっています。

そして、ピクテ・インカム・コレクション・ファンド(インカム・コレクション)では、先進国と新興国に対する投資全体で、高配当資産株とソブリン債券の配分比率が50パーセントずつになるようにしています。世界の高配当資産株のなかで、先進国の利回りが良いものに全体の30パーセント、新興国の高利回りで成長が期待できるものに20パーセントを投資します。残りの50パーセントのなかで、安定したインカムゲインが見込める先進国のソブリン債券に30パーセント、高金利と通貨の上昇が見込める新興国のソブリン債券に20パーセントを投資することになるのです。

また、ピクテ・インカム・コレクション・ファンド(インカム・コレクション)では、購入時の手数料として、3.15パーセントが上限として設定されています。信託財産留保額はありません。信託報酬としては、純資産総額に対して年率で1.2075パーセントとなっています。監査報酬などを含む信託事務にかかる諸経費については、純資産総額に対して年率で0.0525パーセント以内になるようにしています。

ピクテインデックスFシリーズ

ピクテインデックスFシリーズは、ピクテ投信投資顧問が運用しているファンドで、中国H株を扱う「ピクテIF中国株H」と、ブラジル株を扱う「ピクテIFブラジル株」の2つが用意されています。いずれも、高い経済成長を続けているBRICsの構成国として注目を集めている地域になります。そのなかで、それぞれの市場における株価指数に連動した投資成果を目指して運用を行っていくことになっているのです。

まず、ピクテ・インデックス・ファンドシリーズの中国H株(ピクテIF中国H株)のほうでは、ハンセン中国企業株指数に連動していくことになります。これは、香港証券取引所に上場しているH株、つまり中国本土企業の株式で構成されている指数になります。ファミリーファンド方式が採用されているので、出資者はマザーファンドの受益証券に投資をすることになります。購入時手数料はありませんが、信託報酬には年率で0.945パーセントかかります。また、追加設定や解約時には信託財産留保額が発生します。

そして、ピクテ・インデックス・ファンドシリーズのブラジル株(ピクテIFブラジル株)では、ボベスパ指数に連動した運用を目指していくことになります。サンパウロ証券取引所に上場する株式のなかでも流動性の高いものが対象となっている指数です。投資はマザーファンドを通じて、預託証書を含む現地企業に行っていくことになります。購入時手数料はありませんが、追加設定や解約のときには信託財産留保額が発生します。信託報酬は、純資産総額に対して年率で0.945パーセントとなっています。

ピクテシリーズのファンドはマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド