投資信託TOP > 

アバディーン・ジャパン・オープン(メガトレンド)

アバディーン・ジャパン・オープン(メガトレンド)は、主に日本の上場株式を投資対象とします。グローバルな視点に立ち、日本の株式市場の大きな流れを捉え、アクティブ運用を行います。投資判断にあたっては、トップダウン・アプローチとボトムアップ・アプローチを組み合わせて、銘柄の選定を行います。トップダウン・アプローチとは経済・金利・為替などのマクロ的な投資環境の予測を立てることで、資産配分や業種別配分を決め、さらに個別銘柄の選定を行うという運用手法です。ボトムアップ・アプローチとは、個別企業の調査・分析から銘柄の選定を行う運用手法のことを言います。

アバディーン・ジャパン・オープン(メガトレンド)がベンチマークとするのは、TOPIX(東証株価指数)です。これを上回る成果を目指すアクティブ運用が行われます。

運用にあたってはバイ・アンド・ホールドが基本です。バイ・アンド・ホールドとは「買ったら売らない」という意味であり、デイトレードやスイングトレードのように、相場の値動きをにらみながら売買する手法(マーケット・タイミング)とは異なります。そのため、アバディーン・ジャパン・オープン(メガトレンド)は低い売買回転率を維持しています。マーケット・タイミングの手法を取ると、売買することによるコストがかかりますし、利益が出る状態で売ると、課税されるということもあります。また、予想が外れた場合に、大きな損失を出しやすいのも、マーケット・タイミングのデメリットといえます。バイ・アンド・ホールドならばこれらのデメリットを回避することができるのです。

アバディーン・ジャパン・オープン(メガトレンド)はマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド