投資信託TOP > 

REIT(不動産投資信託)

REITってどんな商品?

REIT(リート)とはたくさんの投資家から集めた資金で、マンションなどの不動産を購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配するという商品です。日本では「REIT」「J-REIT」と呼ばれています。また市場に上場することで株式と同様にリアルタイムでの売買を行うことができます

REITのメリット

少額から購入できる

不動産の分散投資ができる

高い分配率

本来不動産を購入しようとすると数千万の資金が必要です。そのように大金を用意して買った不動産が被災してしまったら無価値になってしまうということもありえます。しかしREITではたくさんの人から資金を集めるため個人で数千万用意するという必要がありません。さらにたくさんの人から資金を集めているので複数の不動産に分散投資もされているので万が一1つの物件が被災しても全てがなくなるということもありません。そして一番のメリットは収益のほとんどが分配されるということです。これは他の投資信託にはないREITだけのメリットです。

REITのデメリット

経済的な影響で物件価格や分配金が下がる可能性があること

地震などの災害の影響で物件が被災してしまう可能性があること

上場廃止になると取引ができなくなること

経済的な影響で物件価格が下がり分配金も減ってしまうということや物件が被災してしまうことがあります。しかしこれは普通の不動産投資にもあることなどで大きなデメリットではありません。それよりも上場廃止になり取引ができなくなることがあるということが普通の不動産投資にはないデメリットなので注意する必要があります。

不動産投資とREITはどっちがいいの?

今まで述べてきたように、REITは普通の不動産投資に比べメリットが多くあります。また上場廃止の可能性がありそうな場合はすぐに売却できることからデメリットもほとんどないといえます。ですから不動産関連の投資であればREITが一番安全に投資できます

REITを始めるなら...

主要ネット証券各社に海外REITのページがあります。しかし海外REITを始める場合はその国の株取引口座を開設する必要があるのですぐに始められるというわけではありません。マネックス証券はJ-REITのページも用意されています。日本の不動産の購入であれば為替リスクもありません。REITでの運用の第一歩としてマネックス証券で為替リスクのないJ-REITを始めてみるのはいかがでしょうか。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ることから始めてみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド