投資信託TOP > 

REITとは

REIT(リート)とは、不動産投資信託のことを指します。「Real Estate Investment Trust」の頭文字をとっています。対象となっているのは、オフィスビルや商業施設、住宅やホテル、物流施設などで、賃貸益や売却益によって高配当を生み出すものになっているのです。100万円以下の資金からでも始めることができるという点が、不動産投信の特徴の1つだと言うこともできるでしょう。アメリカでは1960年代から販売されていましたが、日本では2000年から取り扱いが可能になった新しい商品です。

国内のREIT(リート)は、海外の不動産には投資できない仕組みになっているので、アメリカなどの諸外国のものとは区別されている点についても知っておきましょう。また、会社型と契約型の2種類がある点にも注意が必要です。一般的には、上場銘柄が会社型のものだと考えていいでしょう。これは、投資法人を設立して、その証券が株式と同じように上場されて、お金を集めているタイプです。不動産の保有や運用のみを業務としている会社になっています。

一方、契約型は、委託者指図型投資信託と委託者非指図型投資信託に分かれています。前者は、委託された業者が選定や運用を行い、信託銀行がその不動産の保有と管理を行うものです。後者は、信託銀行が運用と保有の両方を行うものです。いずれの場合も、発行される証券は受益証券とされます。個人で行えば数千万円規模の資金が必要になりますが、小口からでも始めることができ、さらに分散投資も可能になっていることから注目が集まっているのです。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド