投資信託TOP > 

分配金は老後の資産運用に最適!?

老後の資産運用には分配型投信が最適!?

最近の投資信託では分配型投資信託が大半を占めています。その中でも毎月分配型投資信託はいまもっとも人気を集めています。しかし分配型投資信託は資産の一部を税金を払って受け取っているようなものなので、一般的に利益を求める資産運用には向いていません。

ところがそんな分配型投資信託も目的によっては最適な資産運用の方法にもなります。それが老後の資産運用です。老後の資産運用に限らず、資産を増やすことが目的でなく、資産を運用し得た利益内で生活して行くことを目的とした資産運用の場合は分配型投資信託での資産運用が最適です。投資信託は株式投資に比べ値動きの小さい金融商品ですので、分配金だけで生活できればその後の資産などは気にせず安心して暮らすことも可能です。 つまり分配型投資信託は利益至上主義の運用には向きませんが、定期的な安定した収入を目的とした運用にはとても向いています。ですから自分の目的に沿って分配型投資家信託か無分配型投資信託かを選択することが大切です。購入前に目的をはっきりさせておくといいでしょう。

分配型投資信託をはじめるには

分配型投資信託を始めるには、目的を決める必要があります。それによって分配金を受け取る頻度が変わるからです。たとえば分配金を使う目的が半年に1回なのであれば「年2回」分配金を受け取れる投資信託を選ぶ必要があります。半年に1回であるのに「毎月」分配型投資信託を選択してしまっては余計にコストがかかるだけでよい投資とはいえません。反対に毎月分配金を使うような必要があるのに「年2回」の分配型投資信託を購入してしまっては必要な時にお金が足りないというようなことにもまりかねません。ですから分配金を使う目的をはっきりさせ、それに合った分配型投資信託を選ぶことが大切です。

この目的に合った投資信託を選ぶのに最適なのがマネックス証券です。他の証券会社は「分配金あり」「年1回・年2回」などと選択肢が少ないですが、マネックス証券は「毎月・隔月・年4回・年2回・年1回」と細かく検索することができます。ですから分配型投資信託を始める際はマネックス証券がオススメです。口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

分配金とは? 基準価格と分配金の関係 分配金からみる投資信託 ファンドごとのイメージを掴む

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド