投資信託TOP > 

資源ファンド(株式と通貨)

資源ファンド(株式と通貨)

資源ファンド(株式と通貨)というのは、日興アセットマネジメントが運用している投資信託になります。主な投資対象は、世界の資源株です。資源株というのは、石油関連企業や、鉱業、非鉄、土石関連企業などが発行している株式のことを指します。それらの資源の発掘、採掘を行っている企業だけでなく、精製や販売、流通に関わるすべての業種が含まれてくることで、いろいろな関連分野の企業に投資をしていくことができるという特徴があります。

この資源ファンド(株式と通貨)では、おもに米ドル建てで投資を行い、アメリカ以外の取引所に上場しているものに関しては、米国預託証書(ADR)を利用することになります。ブラジルレアル、南アフリカランド、オーストラリアドルの3つの資源国通貨コースが用意されています。それぞれの通貨を通じて、世界の資源株の値上がり益から配当収益が得られるほかにも、金利差相当額による投資効果や、資源国通貨の上昇による為替差益などが見込まれるのです。

そして、資源ファンド(株式と通貨)では、毎月安定した収益分配ができる運用が1つの目標となっています。毎月17日が決算日となっており、値上がり益や配当益から分配金が支払われることになっているのです。購入時手数料は、3.675パーセントを上限としています。分配金再投資コースで新たに取得する口数に関しては手数料は発生しません。換金時には手数料も信託財産留保額も発生しません。信託報酬に関しては、純資産総額に対して年率で1.76パーセントとなっています。

資源ファンド(株式と通貨)はマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド