投資信託TOP > 

新光Wブル・べア・日本株オープンⅡ

新光Wブル・日本株オープンⅡ

新光Wブル・日本株オープンⅡというのは、新光投信が運用している追加型の投資信託になります。その特徴としては、株価指数先物取引を活用することで、株式市場の値動きに対して基準価額が2倍程度の動きになるように運用するという点が挙げられます。短期公社債や金融商品にも投資をしますが、株価指数先物取引の買い建て額と株式の合計が、純資産総額の2倍になるように調整することになります。このことで、2倍の値動きを実現することができるようになるのです。

ただし、新光Wブル・日本株オープンⅡには、株式市場の値動きが上昇した場合は基準価額も2倍になりますが、下落した場合は大きな損失が生じるというリスクもあるのです。そのほかにも、流動性リスクや信用リスクなども頭に入れておく必要があります。証券会社によっては、初心者への販売をしていないというケースもあります。決算については、年1回、5月22日となっています。そのときに収益の分配を行うことになります。

そして、新光Wブル・日本株オープンⅡでは、購入時の手数料として、申し込み受付日の基準価額に2.10パーセントを上限として、各販売会社が設定していくことができるようになっています。換金時や解約時の手数料は発生しませんし、信託財産留保額もありません。信託報酬に関しては、純資産総額に対して年率で0.945パーセントとなっています。それ以外にも、監査報酬や、有価証券の売買委託手数料、先物取引やオプション取引の費用などの諸経費がかかります。

新光Wべア・日本株オープンⅡ

新光Wべア・日本株オープンⅡというのは、新光投信が運用している追加型の投資信託になります。おもな投資対象は株価指数先物取引となります。株式市場の値動きに対して、基準価額がだいたい2倍程度反対の値動きとなるように運用していきます。まったく反対の動きを見せる理由としては、株価指数先物取引の売り建て額が、投資信託財産の純資産総額に対して2倍になるように運用していくからになります。そのほか、短期公社債や金融商品などにも投資をします。

この新光Wべア・日本株オープンⅡでは、株式市場が上昇すると大きく基準価額が下落して、株式市場が下落すると大きく上昇することになります。ほかのファンドに比べてリスクが高いことから、証券会社によっては投資経験が1年以上ある人を購入対象者としているケースもあります。決算は年1回で、毎年5月22日を予定しています。基準価額の変動要因に関しては、株価変動リスクのほか、信用、流動性、金利変動といったリスクについても注意をしていく必要があります。

そして、新光Wべア・日本株オープンⅡでは、購入時手数料として、申し込み受付日の基準価額に対して、各販売会社が上限2.10パーセントの範囲内で独自に決めていくことになっています。換金時や解約時の手数料はありませんし、信託財産留保額も発生しません。信託報酬に関しては、純資産総額に対して年率で0.945パーセントとなっています。それ以外に、監査報酬や有価証券の売買委託手数料、先物取引やオプション取引の費用など、諸経費がかかります。

新光Wブル・べア・日本株オープンⅡはマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド