投資信託TOP > 

新興国の外貨預金について

高金利の外貨預金を考えているならば、新興国の通貨をチェックしてみるようにしましょう。南アフリカランドやトルコリラ、アイルランドクローネなど、日本などの先進国よりも高い金利をつけているものがあるからです。とくに天然資源の豊富な国については、高い経済成長が期待できることから注目を集めているのです。ただし、為替変動によるリスクについては、常に頭に入れておかなければいけません。欧州発の金融不安など、不安定な要素があるからです。

たとえば、南アフリカランドについては、サッカーのワールドカップを開催したこともあり、近年にとても人気が高まった通貨だと言えるでしょう。国としても金やダイヤモンドといった鉱石資源が豊富なことが経済成長を支えていると言えます。その反面、新興国から資金が引き上げられるような兆候があると、それがそのまま為替の変動につながってしまうという不安定さも含んでいるのです。また、国内の政治状況などにも目を向けておく必要があるでしょう。

そして、トルコリラ建てについても、経済成長が期待できる新興国としての高金利が人気となっています。トルコリラも南アフリカランドも、政策金利で5パーセントを超えていることを考えれば、円で預けるときの低い利息に比べれば大きな差がある言えます。ただし、金融不安以外にも超円高という要素についても考えておく必要があります。利息がたくさんついても、円に換金したときに目減りしてしまうのでは意味がないのです。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド