投資信託TOP > 

新興国中小型株ファンド

新興国中小型株ファンド

新興国中小型株ファンドというのは、DIAMアセットマネジメントが運用している、ネット証券専用のファンドになります。ネット証券専用ということで、窓口などでの販売を行っておらず、SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券といったようなネット証券会社が扱っている商品になります。その特徴は、国内初の新興国中小企業を投資対象としたアクティブファンドとなっている点を挙げることができるでしょう。

この新興国中小型株ファンドのポートフォリオのモデルとしては、ブラジルが15.7パーセント、台湾が14.0パーセント、南アフリカが12.4パーセント、中国が9.5パーセント、タイが8.8パーセント、トルコが8.0パーセント、ポーランドが6.8パーセント、マレーシアが6.5パーセント、メキシコが5.1パーセント、韓国が4.9パーセント、そのほかの国が8.4パーセントといった比率で、それぞれの国の中小企業株を運用していくことになります。

そして、新興国中小型株ファンドでは、生活必需品や一般消費財など、新興国の内需拡大の恩恵を受けられるような銘柄の組み入れ比率を高くしていくという特徴もあります。そのほかにも、信用度の低いエマージングカントリーのものを扱うことから、株価の変動率が小さくなるようにポートフォリオを構築する「低ボラティリティ運用戦略」によって投資効率を高めていくことになります。購入時手数料の要らないノーロードで、1000円からの購入が可能になっています。

新興国中小型株ファンドはマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド