投資信託TOP > 

短期豪ドル債オープン

短期豪ドル債オープン

短期豪ドル債オープンというのは、大和住銀投信投資顧問が運用している追加型のファンドになります。モーニングスター・ファンド・オブ・ザ・イヤー2010において、当該する415本のファンドのなかから、国債債券型部門の最優秀ファンド賞に選ばれています。特徴としては、マザーファンドを通じて、オーストラリアドル建ての公社債や短期金融商品に投資ができる点になります。高格付けのものを扱っているので、安定したインカムゲインを確保しながら運用していくことができます。

そして、短期豪ドル債オープンでは、為替や金利、信用といった価額変動に影響を与えるリスクについて頭に入れておく必要があります。豪ドル建てで投資をしていき、為替ヘッジは行わない点については注意をしておくようにしましょう。また、金利リスクについて、ファンド全体における金利の影響による価額変動性を表すデュレーションについては、それを1年未満としています。信用リスクに関しては、長期格付けでシングルA以上、短期でもA1/P1以上としています。

また、短期豪ドル債オープンでは、毎月7日を決算日として収益を分配していきます。利子収入と配当収益、売買益などから分配金が支払われることになっています。購入時手数料に関しては、上限が2.1パーセントとなっており、各販売会社が設定していくことになります。信託財産留保額については発生しません。信託報酬は、純資産総額に対して年率で0.945パーセントとなっています。それ以外にも、監査費用や有価証券売買委託手数料など、諸経費がかかることになります。

短期豪ドル債オープンはマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド