投資信託TOP > 

分配金とは?

投資信託の中で最も多く取り扱われていて、最も人気を集めているのが毎月分配金がもらえる「毎月分配型投資信託」です。
この分配金を狙って投資信託を始める方が多くいらっしゃいます。

分配金でお小遣い代わりにしている方もいれば、分配金だけで生活しているという人もいるというから驚きです。

それでは、分配金について詳しく見てみましょう。

分配金で毎月のお小遣いUP

分配金は株式投資における配当金と非常に似ていて、多くの場面で同等のものとして扱われます。
分配金とは基準価格(株式の株価にあたる)の上昇・下落にかかわらず必ず支払われます。株式の配当金が利益を出したときにのみ支払われるものであるのに対し、分配金はあらかじめ決められた分だけ支払われるのです。

利益が出た場合はもちろん、投資信託を購入した金額より基準価格が下回った状態で決済をむかえても、その資産から分配金が支払われるので決まった金額が分配金として支払われます。

毎月決まった金額が支払われるので、大変人気の高い投資信託になっています。

毎月分配金がもらえる投資信託を始めるのに最適な証券会社は「マネックス証券」です。
使いやすさNO,1のマネックス証券は「親切なサイト」と高い評価を受けていますので、これから始める人にとって非常に良い証券会社と言えます。

口座開設や維持費用は無料ですので、まずは無料で口座開設して使いやすさを試してみると良いでしょう。

分配金を多くもらえたファンド

マネックス証券で扱っている『米国ハイイールド債券ファンド レアル』というファンドでは分配金利回り29.11%と非常に高くなっています。分配金利回りとは直近3ヶ月の分配金合計を、直近3ヶ月の基準価格平均で除して年率換算したものです。つまり、基準価格に対して分配金の利回りがどれくらいかを示した数字で高ければ高いほど投資した額に対する分配金を多くもらえるということになります。

たとえば50000円の分配金を受け取りたいと考えた場合には『米国ハイイールド債券ファンド レアル』に172000円を投資していれば50000円受け取ることができます。もちろん基準価格は変動しますし、分配金の額が変わることもありますから、よく考えて投資信託を選ぶことが大切です。

このように分配金によってファンドを選択することは今人気のある投資方法の一つです。

利回りの数値は変化しますので実際にマネックス証券の口座を開設して現在の数値を確認してください。

マネックス証券の無料口座開設はこちらから

みんなが憧れる?!分配金で生活

みなさんは不労所得で生活することに憧れたことはありませんか?

「不老所得で生活する」というのは、自分が労働をせずに得られる収益だけで生活することです。つまり不動産投資などで収入を得て、その収入で生活することです。

このような事はとても難しいことと考えられています。たしかに不動産を購入して...なんてことは簡単にできるものではありません。しかし簡単にできる方法もあります。それが分配金です。分配金は基準価格の増減に関わらず一定の割合で得ることができると先ほども説明しました。これを利用すると不労所得で生活することも夢ではなくなります

たとえば先ほど例に出した『米国ハイイールド債券ファンド レアル』というファンド。このファンドに100万円投資していたら毎年約29万円も収入を得ることができます。もし1200万円投資していたら平均すると毎月約29万円もらえることになります。29万円あればそれなりに生活することはできます。もちろん1200万円は簡単に用意できる金額ではないのでその点は難しいかもしれませんが、不労所得の中では最もいい方法の一つです

このように分配金で生活することも決して不可能ではありません。ですからまずは少額からでも投資信託を始めてみることをおすすめします。口座開設からする場合はマネックス証券がおすすめです。マネックス証券はファンドを検索する時に詳しい条件で検索することができますので、自分の考える条件に合ったファンドが見つかりやすいです。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは気軽に口座を作ることから始めましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド