投資信託TOP > 

取扱本数で比較

投資信託を始めるため口座開設する証券会社を探す時、最も気になるのがファンドの取扱本数ですね。取扱本数で選びたい人向けに取扱本数をランキングにしてみました。

SBI証券

取扱ファンド数1150本と主要ネット証券で投資信託を一番多くのファンドを取扱っているSBI証券。「まだどんな種類のファンドを取引するか具体的に決めてないが投資信託は始めようと思っている」という人や「一つでも多くの商品の中から自分にあった商品を選びたい」という人にオススメです。取扱いしているファンドが多いので今後自分にあった投資信託を探すときに一番見つけやすいからです。またSBI証券は日々新たなファンドが追加されているので多くの商品から自分の条件に合ったファンドを選び出すことができます。

SBI証券

楽天証券

取扱ファンド数1112本の楽天証券。ある程度今後どんな種類の投資信託を取引しようか今後の方向性に見当をつけている人にオススメです。1000を超えるファンド数の中から自分好みのファンドを探し出すのは一苦労です。しかし楽天証券は目的別・条件別にランキングされているので、自分はどんな種類のファンドを取引するかさえ決まっていたら自分にあったもので一番利益をあげることができるファンドを簡単に見つけることができます。

楽天証券

マネックス証券

取扱本数が507本のマネックス証券。マネックス証券は「まだ投資信託をしたことないから小額から始めてみたい」という人にオススメの証券会社です。取扱本数こそあまり多くはないものの1000円から売買できる商品があったり、マネックス独自のファンドを取扱っていたりと他の証券会社とは一味違った商品を取扱っているからです。だからこれから投信を始めようと考えている人にはマネックス証券が一番オススメです。

マネックス証券

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド