投資信託TOP > 

トヨタグループ株式ファンド

トヨタグループ株式ファンド

トヨタグループ株式ファンドというのは、トヨタアセットマネジメントが運用している投資信託になります。その特徴は、トヨタ自動車と、そのグループ会社の株式に分散投資を行っていくことができる点です。世界的な企業となった親会社だけでなく、その周囲を固める会社の株式も扱っていくことができるのです。投資配分の比率としては、トヨタ自動車が50パーセントで、グループ会社21社の株式も50パーセントとなるように基準を設けています。

そして、トヨタグループ株式ファンドで投資ができるグループ企業には、車の製造に関わってくる部品会社などが多くあります。たとえば、ヘッドランプなどの部品メーカーである小糸製作所、エンジン用の部品を作っている愛知製鋼、ベアリングなどを作っている大豊工業、燃料ポンプモジュールを作っている愛三工業、トランスミッションを手掛けているアイシン精機、パワーステアリング装置を請け負っているジェイテクト、シートなどを作っている共和レザーなどです。

また、トヨタグループ株式ファンドでは、上限を1.575パーセントとして販売会社が購入時手数料を設定することができます。換金時の手数料や信託財産留保額は発生しません。信託報酬としては、純資産総額に対して年率で0.7245パーセントかかります。毎計算期間の最初の6ヶ月と期末または信託終了時に支払うことになります。ほかにも、監査報酬として純資産総額の対して年率で0.00525パーセントかかります。それ以外にも信託事務などの諸経費がかかります。

トヨタグループ株式ファンドはマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド