投資信託TOP > 

使いやすさで比較

取引をする証券会社を選ぶ上で大切なことの一つにその証券会社のサイトの使いやすさがある。サイトが使いにくいと取引を円滑に行えなかったり、情報収集が満足にできなかったりと苦労することがある。そこで各証券会社のサイトを見やすさ・丁寧さなどの使いやすさで比較してみました。

マネックス証券

全体的に見やすくまとまっている。サイトのトップページに今行っているキャンペーンが一覧になっていたり、初心者向けのページが載っていたりと色々な人が同様に利用できる。外貨MMFのキャンペーン初心者でもしっかりと理解できる丁寧な解説は定評がある。またサイト全体がシンプルにまとまっていて取引や情報検索がしやすいです。

マネックス証券

楽天証券

ランキングの充実など情報検索に非常に長けたサイトである。だから「何を購入したいかまだ決まっていない」という初心者や「今人気の商品がどれか知りたい」などっといった売買に慣れている人にもとても便利なサイトであることは間違いないです。

楽天証券

SBI証券

セミナー関係が充実しているSBI証券。オンラインセミナーと会場セミナーの両方とも力を入れているので、これから投資を始める人やあらためて投資について勉強しなおしたいという人にオススメである。また「投資を学ぶ」というコンテンツでは投資信託のみならず投資全般について一から分かりやすく解説されているのでこちらのコンテンツも初心者の方にオススメです。

SBI証券

大和証券

サイト全体がやや見にくい印象がある。しかし今後のライフイベントとそれにかかるお金についてのコンテンツは便利である。資産運用をするには長期的な目標が必要であるが、その目標となるライフイベントにいくらかかるのかはあまり知ることができない。だからこのコンテンツを参考にして目標を明確にして、しっかりと計画を立てると今後の資産運用もやりやすくなる。

SBI証券

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド