投資信託TOP > 

Wブル・ベア 香港株オープン

Wブル・香港株オープン

Wブル・香港株オープンは、主に香港の株価指数先物取引を積極的に活用するファンドです。株価指数先物取引とは、先物取引の一種で「『将来のあらかじめ定められた日(満期日)に、現時点で取り決めた価格で株価指数を売買する取引』の契約を取引」することです。先物取引というのは、投資のプロが多数参入しており、ハイリスク・ハイリターンの取引となります。そのため、日本の株価指数先物取引に挑戦する人も、かなりの投資経験を積んで、資金力を高めてから、挑戦するというケースが多いです。香港の株価指数先物取引に挑戦するというのは、投資初心者には非常にリスクが高いといえるでしょう。

Wブル・香港株オープンは、日々の基準価額の値動きが香港の株式市場の値動き(現地通貨ベース)に対して概ね2倍程度となることを目指して、運用を行うファンドです。対象とする株価指数や、利用する株価指数先物取引の種類に関しては、市場動向の変化、流動性、効率性など刻々と変わっていく状況に応じ、決定が行われていきます。香港は、経済活動が盛んな地域で、今後の経済成長の伸びも大いに期待できます。そのため、株式市場の値動きも活発な傾向があります。また、中国の株式市場は法整備が行き届いていないという点が、課題でもあったのですが、改善されていくと考えられます。

また、外貨建て資産については、為替ヘッジが行われ、為替変動リスクの低減が図られます。ただし、為替変動リスクがゼロになるわけではありませんので、Wブル・香港株オープンに投資するなら、為替の値動きにも注意していくことが必要と言えるでしょう。

Wベア・香港株オープン

Wベア・香港株オープンは、主として香港の株価指数先物取引を積極的に活用し、日々の基準価額の値動きが香港の株式市場の値動き(現地通貨ベース)に対して概ね2倍程度「反対」となることを目指して運用を行うファンドです。

株価指数先物取引とは、先物取引の一種で「『将来のあらかじめ定められた日(満期日)に、現時点で取り決めた価格で株価指数を売買する取引』の契約を取引」することです。先物取引はハイリスク・ハイリターンの取引ですので、ベテランの投資家でも損失を出してしまうことがあります。投資初心者がいきなり先物取引に取り組むのはリスクが高いものですが、Wベア・香港株オープンを利用することで、運用はプロフェッショナルにお任せしながら、利益を上げていくことができるのです。

Wベア・香港株オープンが投資対象とする株価指数や、利用する株価指数先物取引の種類の選定に当たっては、市場動向の変化、流動性、効率性など刻々と変わっていく状況に応じて、決定されていきます。

また、外貨建て資産については、為替ヘッジが行われ、為替変動リスクの低減が図られています。ただし、為替変動リスクがゼロになるわけではありませんし、為替ヘッジにはコストがかかっているということも、知っておきましょう。香港は、経済活動が盛んな地域で、株式市場の成長も期待がもたれます。ただし、株式に投資する以上は暴落等のリスクも考えられますので、注意しておくに越したことはありません。

Wブル・ベア 香港株オープンはマネックス証券で取扱っています。

マネックス証券の口座開設や維持費は無料です。まずは口座を作ってみましょう。

目的別証券会社比較

投資信託の基礎のキソ

長期分散投資の大原則

間違いだらけの分配金

投信選びのポイント

投資信託の種類

今がオススメ 外貨MMF

投資信託お役立ちコンテンツ

今人気の投資信託のファンド